自己分析はNGワードです

 自分の長所を20文字以内で書く必要に迫られている.20文字だから最低でも一つ書けばよいのだが,それがどうにもかけずに何十倍もの文章を今ここに書いている.

 「ES 長所」で検索しよう.現代人の悪い癖である.大手人材会社のサイトには迷える就活生のためにご丁寧な指南がある.これを自分になんとか適用するしかあるまい.「忍耐力がある」「素直」「行動が早い」云々.「忍耐力がない」「素直じゃない」「行動が遅い」云々.全部否定語に直せば素直に受け入れられるのだが...

 おそらく,この手の質問は多くの人が同じ状況に陥るのではないか.だからこそそういうサイトが設けられているのだ.そう思いたい.なまじ優秀な大学に通ったせいか,他人の有能さに驚いてばかりだ.普段から他人に対してこういう見方をしている時点で嫌になるのだが,だいたい自分とおんなじレベルの考え,行動を持っているだろうと評価していた人でも,ある瞬間に自分が想像もつかないような考えを出したり,とてつもない思慮深さを見せたり,驚くべき一芸を持っていたりする.そのたびに自分の浅ましさを痛感するとはいかないまでも,なにか無力感を感じたりする.おろか、裏切られた気分にさえなる.考えてみればその感情が恐ろしい.彼らもこの20文字で筆を止めて,検索を頼り落胆したりするのだろうか.たぶんそうなんだと思う.自分では思ってもいないことが他の人にとってはすごいことだったりする.そういうことが自分にもあればと思うのだが.たぶんこの後のことも考えて,長所+それが現れているエピソードも考える必要があるだろう.その場の質問を凌げるきれいな嘘がつけるほど達者な言語運用能力は持ち合わせていないので,なにかエピソードを想起して考えるべきなのだと思う.しかし,そのあとには「趣味・特技」欄も控えている.手強い.もう少し時間がかかりそうだ.

 研究や就活をしている(しているのか?)と,人の話を聞いて質問する義務が発生する場面が多い.ところがなかなか手を挙げられない.というのも,些末な疑問はとめどなく生じるのだが,クリティカルでないと思って却下することが多い.なんでそんなこと聞くのとか,自分の中で重要な指摘だと思って質問しても,後でよく考えると自分の思い違いであることが多いからだ.しかし月並みなことをいうのも憚られ,結局,分かった風な,かつ聞きたくもないことを発言してしまう.自分の中の月並み事項はまず発現候補から除外される.人前で普通のことは言わない.それが第一の価値になって,そのくせ結局変な発言しかできていないという最悪なパターンだ.他人の評価を気にしている故だろうか.この期に及んで頭がいい振りをしているのは本当にあさましい.無知を晒すことは禁じられてはいないはずだ.常識の範囲内でなら.

 大学に入ってすぐの時期.この時は難関の受験戦争を突破した実績を引っ提げて,向学意欲が盛んな人が結構多かったように思う.このころ,講義でいつも前の方に座り,授業を止めてまで質問してくる人がいた.この質問というのが,なんでそんなこと聞くのとか,そんなことだいたいわかるだろと思ってしまうような内容で,当時の僕は冷笑と呆れに近い感じで彼の背中を眺めていたと思う.授業止めて迄聞くことかなあ?てなかんじで.僕が今思ったことは,自分に足りないのは彼の姿勢なんじゃないかということ.当時の僕から見れば彼の質問は些末で理解不足の露呈だったと記憶しているが,彼は衆人の前で無知を晒すことによって,自分の知らなかったことを知り,着実に成長していた.その行動は彼にとって確実にプラスに働いていた.おっと,この話,月並みだな.却下.結局大したことは言えない.予防線である.

でもこの話に関してはそういう,少し「自分勝手」なことをもう少しやるべきなのかなあなんて考えたり.

もちろん,常識の範囲内で.

無為

 久しぶりにログイン.現在,大学院修士課程1年.来年また卒業論文を書かなくてはいけない.でもこのごろ何もやる気が起きない.研究が分からない.この一年間の進捗は特にない.でもべつに怒られもしない.就活をしなければいけない.起きている時間が惜しい.だから適当な文章でも書いてみようかと思って夜中に煙草を買ってきてぷかぷかとしていたら5時になっていた.

 煙草について書いてみようと思う.そもそもなんで煙草なんか吸うようになったんだろうか.我ながら百害あって一利もないと思うし,どんどん世の中が禁煙の方向に向かっているのもすごく理解できるしいい傾向だと思う.去年久しぶりに吉田キャンパスに行ったとき,いつも授業の合間に時間をつぶしていた,時計台東の喫煙所が使えなくなっていた.それに加えて,数年前は毎日なんとなく過ごしていた吉田キャンパスがものすごくがらんとしていて,すごく物悲しい気持ちになった.でも時計台前のクスノキにたむろしている少数の学生を横目に附属図書館に向かっているとき,心が締め付けられるような思いも感じた.桂の自室に引きこもり一日の大半を睡眠に費やす生活を2年もしていると,あのころ吉田で送っていた,つまらないけど外に出て,やるべきことがあった日々が急に恋しく,自分の生活に充実感を与えていたんだなあと感じようになってしまったみたいだ.これは想像していなかった.あんまり大学とか場所に対して思い入れのない生活をしていたと思っていたんでだけどなあ.年をとるとはこういうことを言うんだろうか.

 京大生が主人公であるという森見登美彦の「四畳半神話大系」.京大出身の著名な小説家としてもう一人挙げられる,万城目学の作品は高校生の頃に鴨川ホルモー,鹿男など一通り読んで面白いと思ったのだが,この四畳半についてはルネなど京大の書籍コーナーで激推しされているものだから,大学一回生くらいの頃に手に取って少し読んだもののすぐにアレルギーを起こしたっきり控えていた.あの形式ばった,いかにもな感じの文体に気味悪さを感じてしまった.なにか気に食わないところがあったんだと思う.高校生くらいのときに読んでいればまた違ったのかもしれないが.最近,時間を持て余してアマゾンプライムビデオのホーム画面を断続的にスワイプして画面を更新していた時に,この四畳半が現れた.結構前にアニメ化しているらしく,若干アレルギーを思い出したものの,指の往復運動をやめて覗いてしまった.一気に全部見て非常に悲しい気持ちになりました.食わず嫌いしていてすいませんでした.僕が未熟だっただけみたいです.

 なんでこんなにつまらないのか.これは今住んでいる場所が悪いというよりも,現在の自分の生活にこれといった目的がないことによるものだろうと思う.ここ2年間は本当につまらない日々を送ったような気がするが,また時間がたったら懐古して懐かしむようになるだろうか.あんまりそんな気がしない.何しろイベントがないからだ.バイトもしていない.研究室にたまに行くだけ.今の生活は楽でも苦しくもなく,何も記憶に残らない.

 去年の秋ごろに,定期的に合っている古い友人と話す機会があった.場所は出町柳の鳥貴族と決まってしまっている.せっかく吉田に行くのだから,本当はもっといろんな選択肢があるはずだが,なぜかここからは抜け出せない.話はとりとめもないもので,でも友人の最近の話を聞いたりなんかして楽しかった.ここで思ったのは自分の最近の話が全くないということだ.ちょっと愕然とした.ほんとに何にもない.だからこうして慰みでブログを書くのではないか.

 煙草について書こうとしていたのだった.とりとめのないことならいくらでも書ける.この文章はあまり人に見せて楽しませることを前提にしていないのであしからず.大学一回生の秋くらいにバイトをしてみたいと思ってタウンワークを入手.塾講などコミュニケーションが求められる職種はハナから除外し,大学からほど近いコンビニに応募.面接では店長(20代中ごろ)の人に志望動機などを聞かれた.志望動機なんかあるわけがなく,でもどのくらい真面目に答えるべきか分からず,「コンビニの業務に昔から興味があった」などと訳の分からないことを真面目な感じで話し,採用.求人出してるくらいなのでまあ落ちるはずはないんですけどね.結局そこで2年半も働いていました.店長3人くらい変わったなあ… 煙草を吸いだしたのはそこの同僚(こういう言い方が正しいのか)に吸ってる人が結構多くてそれでいつの間にかという感じです.もう書くの飽きてきた.それ以来,しばらく普通に喫煙者として生活していたんですが,どうものどが痛いことがあったり,それが急に不安になって医者に診てもらったりして少しずつやめた方がいいんじゃないかと思うようになってきました.そして一年前くらいに禁煙しようと思い立ってやめてみたことがありました.別に自分はいつでも辞められると思っていたので,一箱吸い終わって,買いに行くかここできっぱりやめるか10秒ぐらい悩んだ後に,いつでもやめれるから,ということでコンビニに出かけるということを何回も繰り返して,一度一か月くらい吸わなかったことがありました.別に体がニコチンを求めているとかは感じたことはありませんでしたが,急に生活の中に「暇」ができてしまったような感じがしました.ネットで動画を見るなり,学校の勉強するなりしているときにふと思い立って箱から取り出し,ベランダに出て煙を浮かべるというルーティンが結構生活の中でメリハリになっていたんだと思います.冬の深夜に星を眺めながら一服するのは,別に感動とか感傷があったり風情のあるものではないですが,自分の生活に充実感を与えてくれる瞬間でした.

続きが書けない.筆が止まったので終わり.毎日こんな文章でも書くことを日課にしたらいいかもしれませんが続くか分かりません.小梅太夫でもやってるらしいですよ.

やっぱりね

 パソコンの読み込みが遅いから書くのをやめようかと思った.生協のパソコンなんて買っちゃだめですよ.

 

暫く存在さえ忘れていた.何故かわからないけど書いてみようと思ってパソコンに向かっています.

 

 やっぱり暇だ.定年退職したかつてのサラリーマンもこんな気持ちで長い老後を過ごすんでしょう.でも僕は7回ほどあった長期休暇のたびにこんな気持ちになっていた.早く学校はじまらないかなーと.なんて真面目な学生だこと.

 私はこの間まで,大学生としての余生を終えるための卒業研究に取り組んでいました.そして,論文提出・発表を終えた今,再び老人のような生活に戻りつつあります...卒業を目前に控えた一応の春休み,これが最後かもしれないというのに何もすることがなくて困った!一緒に卒業旅行なんて行く奴がいない.これが私の学園生活でした.

 

 今から「卒論」について書くとしよう.卒業研究というのは卒業要件の最後の単位で,言うまでもなく最も厄介な単位です.講義に出てテストを受ける.点を取る.そんな簡単なものではないです.少なくとも,僕にとってはそうでした.「研究」と「勉強」は違う.そんなことはちょっと検索すれば山ほど引っかかるワードで,検索しては読んで耳が痛かった.この20数年間振り返ってみても,僕はお勉強ができる奴でした.(でも大学受験に失敗した)なぜかそんなに勉強してないのにテストで点が取れちゃう奴.そしてその能力を大学院入試でも如何なく発揮し,晴れて卒業研究に取り掛かりました.

 

 この書き出しだと失敗談みたいになってしまっていますが,失敗というほどのことはないかもしれません.研究で得られた結果は失敗そのものでしたが.別にそんなことで周囲から怒られはしません.怒ってくれる人がいるというのは案外幸せですね.

 理系の場合は指導教員からテーマが与えられることが多いみたいですが,僕も同じようにテーマをもらい,大まかな方針(これを使ってこういうことをするというレベル,目指すべき結果と手段が示される)をいただいて,その結果の実現に当たって予想される問題を解決していくというものでした.この辺りは,分野や研究室によってかなり違いがあると思います.以降時系列で書いてくとキリがないので何がつらかったかを今思い出せることについて書いていきます.

 

①テーマを理解できない

 研究の内容を卒業論文にまとめるにあたっては,その研究の意味を理解し,説明する必要があります.現状これこれこういう問題があって,これを解決する手法として〇〇を提案する.みたいな.でもそれって,目指すべきところと手段が与えらているときに自分の言葉でそれを説明するって難しい.だってもらったものだもの...手法が示されている以上,無理やりこじつけることになりませんか.この「こじつけ」という作業に,とりかかり始めの自分はかなり悩まされました.もっと明快なストーリが想定されていて,気持ちよくそれを書き上げるということに自分は拘りすぎていました.

 そういうわけで,研究の目的はうやむやにして研究を進めて行き(特に誰にも突っ込まれなかった!)卒論提出1か月前になって,そろそろ導入部でも書くか~と思ったときにまた苦しめられました.この数か月やってきたことってなんのためだったっけと.そもそも自分は文章を書くのが苦手で,子どものころは国語の成績だけ悪い,大学のレポートも自分で見てなんだこれというのを出して可をもらっていました.

やばい,なんも書けねえ...

「卒論 書けない」「卒論 やばい」「卒論 ゴミ」などと検索し,精神の安定を図る.結構,この時期に見てたブログが励みになって寝る前だけは心を落ち着けられました.他人がどのように卒論で苦しんできて結果,どうなったかを読むと非常に希望を感じることができました.だからこれを書いています.

 論文の最初はその研究の背景,目的などを説明する章になると思います.何も執筆にあたってこの部分から書く必要はないのですが,研究の目的をはっきりさせる,少なくとも飛躍のない文章でまとめるということを終わらせなければという強迫観念に駆られ,あーでもないこーでもないと書いては消し,1ページすら完成できないで数日を浪費しました.僕がこじつけを感じていた部分は,そもそも目的に対して与えられた手段が唐突に登場し,この部分の飛躍が大きい(ほかの手段については検討した?と心の中から突っ込みが入る)ことでした.(せんせいがいったことだから...)指導教員にこれはこじつけではないですか???とアタックする勇気もなく,うやむやにしていました.

 この問題は最終的には研究の背景以外に,手段に対する背景(この手段の背景分野がどれだけ有用で,注目されていて,どのような応用を見込めるか)というクッションを挟むことで無理やり飛躍をなくしました.飛躍のない文章を構築する手法として,別にどうってことはないことだと思いますがこの方針を考え付いたことで自分の中では,結構しっかりした流れを書くことができたと思います.

 なんやかんやでこの部分はクリアできました.原稿チェックのときにも流れに関しては特に何も言われず,ほっとした半面「なんかいってくれよ!」と思ったのも事実です.怒られたくないけど怒ってほしい.自分が子供のように思えます.そもそも研究に正解はないと,これは誰しも言っていることですが,本当にその通りで先生がいいといったからその通りにするというのはもうやめるべきなんですよね.最初にテーマと手段が与えられたときに自分で十分に考えて背景だとか,研究の有用性だとか,多少こじつけでも自分で(ある程度)納得できる話をつくって自分のものにするということをしなければいけないのですが,それが自分にはできていなかったようです.そもそも3年間大学のお勉強をしてきたペーペーに手段を語らせるなんてできるわけがない,と決め込んで先生の言ったことに疑問を抱きつつも忠実にやり遂げることを目指した結果です.だからといって,先生は適当にテーマを考えているというわけではないと思います.いまでは,その手段もあながちこじつけでもないかなと思えてきました.

 

 真面目な話してるみたいで嫌になってきたのでこの辺で.僕は結局何も深刻に考えていません. 今年の抱負は「自立」とします.

 

 

 今日は起きてゲームをして飯食って桂川をサイクリングしてきました.休日って感じですね.例によって生産性は0であります.笑ってはいられません.夜からは勉強します.

 京大生なのに桂川まで?鴨川じゃなくて?つまりそういうことなのです.この春に住み慣れた左京区を離れ,現在西京区に居住しています.桂は特急停車駅ともあって思ったよりも都会ですがやはり「郊外」といった感じで各種チェーン店などは多く,それなりに便利です.「住めば都」なんて言ったら洛中人に怒られるかもしれませんが,便利な街だと思います.桂キャンパスについてもおいおい書いていこうと思います.

 

 テレビ番組を見た感想について,続きを書こうと思います.

 京大生が「京大生」であることをウリにテレビに取り上げられることはそんなに珍しいことではありません.やはりそういう有名大学の学生の実態に迫る内容は多くの人々を引き付けるコンテンツであるのだと思います.(実際自分もそのような番組をやってたら結構見てしまいます)京大生が自分の学校の特徴として主張していた内容は,おおむねそういった番組やネットのまとめ的な場所で囁かれる内容を横流しにしたものでした.実際に取材を受けていた人の生活や,その人がどんなすごい体験をしてきたかは自分には知ることはできませんが,大方こういった内容だったので,自信満々に母校の誇りを背負ってと言わんばかりに話す人に対して「それって自分が実際に体験したことなの?」って思ってしまいました.やはりTVショーであるなあと思いました.まあ実際に私も番組見ちゃってるのでこれは制作側の完全勝利です.

 こんなことをねちねちと書き込んでいる自分はというと,おんなじように答えないといけない状況になれば,ひとつもテレビには使われないでしょう.何しろ私生活がつまらんのですから.

 結局何を言いたいかというと「大学」に対する「愛校心」についてなんです.今まで3年間京都大学に通い,キャンパスで過ごし,レポートを提出する度に署名欄に「京都大学工学部~」とかいういらないと思われる所属まで書いてきたのですが,どうも愛校心というのがないのです.大学は勉強する場所としても,いろんな人や変な物がいたりとか,暇をつぶす場所があったりとか,そう意味では好きなのですが,高校や中学の頃に感じていたある種の帰属意識というのが,大学に入って一気に弱まったような気がします.なんというか,テレビで「京大生」を見て,改めて自分もそうなのかと思わされたぐらい,なんだか所属に関して他人事のような気分でこれまで過ごしてきてる気がします.(タイトルと完全に矛盾してるけど笑)これは本当にどうでもいいことなんですが.

 一つにはやはり縛りの緩さなんでしょうか.全校集会とか,運動会とか,全生徒が一つの場所に集まって何かをする,そうでなくても固定の集団が毎日同じ場所に集まって勉強するということがなくなったからなのかもしれません.般教は違う学科の数百人が同じ教室で授業を受け(実際には半分くらいしか来ませんが),キャンパス内を歩く人は知らない人ばかり,専門の授業にしても座席が固定されてないから知らない人との交流もない(自分はそもそも交流がない!)いままでガッチガチに集団行動をさせられていたのに,急にこういう環境に放り出されて,コミュニティの濃度が激減したというか,自分は局所的な高濃度のコミュニティも形成できなかったので,何かに帰属しているという感じがすっかり消え落ちてしまったみたいです.もちろんがんじがらめの中で生活したくはないですが,すこし,寂しさもあるというのが正直のところです.

 二つ目は,部活やってないから.部活動では学校の顔として大会に出場したりするのでこういうのは愛校心とか誇りとかにつながるんじゃないでしょうか.高校のときとかは,他校は絶対的な「敵」として認識していたし,自分が出場していなくても,自分の学校が表彰台に上がったときはそれなりに嬉しかったと記憶しています.大学には独自の応援歌とかがあるみたいですが部活をやっていなければまず歌うことはないでしょう.たしか「ああわれらの京都大学 京都大学」的な歌詞があったような気がします.

 

 番組を見終わったときには,そういったこともあって自分の大学について嬉々として議論する人たちをまったくの他人事として見ているような気がしました.ネガティブな意見ばっかりで申し訳ない.

 こんにちは.

 新年度が始まり4回生になった京大生です.4回生のこの時期といえば単位も取り終わり就活に精を出す,または卒論のことを考え始めるものと思いますが,私は大学院に進学する予定ですので,ゆるゆると勉強をし始めるべき時期に来ているものと思われます.(実際,まだ春休み気分です\(^o^)/お昼寝を好きなだけしています)

 

 さて,フジテレビ系列の特番で「さんまの東大方程式」という番組がありますよね.よっぽど人気があるらしいと見えて,この間の4月7日には第7回目の放送があったようです.そして,今回は東大生だけでなく,京大からも参加して,ある種の対戦的な構図で取り上げられたようです.私はどちらの大学の入学試験も受けた身ですので,(実際にそういう京大生の存在はたまーに聞きます.そんなに珍しくはないかも)前の記事で長々と東大がどうだ京大がどうだを書き散らかしたものと記憶しています.これは見るしかない.ネット上に無造作に転がっている「アーカイブス」を視聴することにしました.

 

 実をいうと,近いうちに京大生を交えた「東大方程式」が放送されることは知っていました.去年の11月のことですが,京大の文化祭「NF」にサークルの出し物で会場にいた際にカメラを持った人を含めた数人のテレビクルー(法被かマイクだかに「さんまの~」が書いていたと思います)がやってきていたのです.それも,いくつかのチームがあるようで2回くらい尋ねてきては「面白い人をさがしてるんですけど!」とおっしゃる.面白い人を知らないわけではなかったのですが,なんか「テレビマン」ていう感じのしゃべり方や身のこなし方が気に障ったので,(普通に忙しかったので)丁重にお断りをすることにしました.やっぱ天下のフジテレビはすごいなあ.とまあ,こんな感じで,あまたの「おもしろい奴」がテレビマンの人たちの涙ぐましい現地活動により集められ,番組は作られているのですね.

 

 テレビ番組には台本があるというのはよく聞くことですが,だからといって「ヤラセだ!」「インチキだ!」などとのたもう視聴者は楽しみ方を知らないと言えます.特にこういうステレオタイプに対立を煽る構造では,脚色,恣意的な情報選択は当たり前のものだと思います.その産物こそがこの番組が人気たる所以なんですから,そういうやり方をしていることについては目をつむりたいと思います.しかし,事実は事実.京大生4年目をやっている当事者中の当事者である自分が「事実」として語られるトピックをつぶさに検証していこうというのがこの文章の趣旨である.レッツラゴー.

 

1. 東大生と京大生はお互いのことをどう思っているの?

 

まず京大→東大

一位 プライドが高すぎる

二位 人情がなく冷たい

三位 真面目過ぎて面白くない

へーとしか.そもそも皆さんそんなに東大生とかかわりがあったりするもんなんですかね?てかインタビューされてるやつ全員初めから連絡付けてるだろ.(こういうことは目をつむるんでしたね)この結果はたぶん「関西人に聞いた『東京』の悪いところトップ3」とおおむね一致するんじゃないでしょうか笑.全部悪口ですからね.東大生である以前に「関東人」としてのバイアスをみることができます.(できれば得票数の内訳も入れてほしかったなあ.)

 

私が思う東大生のイメージ

 

 

賢い

以上.知らん.面白くなさそうというのはちょっとわかる.イメージの話.

 

逆.東大→京大.

一位 そもそもイメージがない

二位 変人が多い

三位 自由をはき違えている

こっちはある程度事情が分かるから検証してみよう.

 

三位 自由をはき違えている

部分的に正解.入学したとたんから周りの先輩とかが自分の自堕落さを吹聴してくるので,自堕落であること(単位を落としたり,授業にでないこと,カリキュラムを批判する)ことをある種の美徳として確立してしまう人はいるかも.もちろん一般的な大学生全般にも当てはまるかもしれないが,ここでは「自由の学風」によって免罪される.自分の中だけだけど.鴨川に飛び込む人はまあまあおると思うけど大多数はつつましく生きてます.立て看板はなあ…条例が悪いんや.

二位 変人が多い

普通の人が多いとおもう.これは凡庸という意味ではなく社会生活という観点で普通ということ.面白い人は確かにいるが,決して多いとは思わない.それと同じくらい面白い「風」の人がいそう.てか出てきた京大生全員見た目じゃん…

一位 そもそもイメージがない

眼中にないということ.ああ…そうですかい.トップは他人の背中が見えないということですか.でもちょっと「言ってやった」感もあるのか?関東関西の話に戻りますが,関西人はこういう態度をあからさまに示されると関東人に対しかなり反感を抱くと思います.知らんけど.

 

2. どっちがスゴイ?天才自慢対決

 完全に個人の才能ですね.特に面白くもないので飛ばし.

 

3.  京大生⇔東大生 物申す.

 

東大生「京大生は留年しすぎ」

「限りある若い時間を有効に使う」ならばには留年はいいことなのでは…

 

京大生「東大は100人中80人優秀な学生が生まれる.京大は100人中1人の天才,99人の廃人」

これはどう考えても言い過ぎ.どや顔でいうことではないと思われる.たぶんノーベル賞のことに絡めているつもりだと思うが,自分が取ったわけでもないものを根拠に自信の優位性を主張しているのは本当にダサい.言いすぎました.

 

長いのでここまでにします.

 

4. 悩みランキング

京大生はお金がない!京大周辺は田舎だからバイトへの倍率が高いとのこと.せやろか…?僕は普通に近くでバイトしてました.まあ業種によるんですかね.時給は東京よりは低いけど家賃と大学の近くに住めること考えたら東大より環境はいいと思います.

第一位…モテない.これは分かる.どうしようもないね.

f:id:abababooa:20190421140430j:plain

いやどんぐりの背比べでしょ…

 

ほんとはもうちょっと詳しく突っ込むつもりでしたが,書いているうちに自分の信念が揺らいできたのを感じ,また非常に無益な感じがしたので今日はここで終わりにします.すいません